お節料理の由来

おせち料理の由来は、節句の時に神様へのお供えとしてあげていた料理のことで、これをお節料理というようになりました。

 

節句とは何か
わかっているようで、わかっていないこの言葉、日本人なら節句といえばひな祭りを思い出す方が多いと思いますが、
古来から季節の節目ごとに皇族の間では節会という宴会のようなものが行われていたらしいです。
1年間の間にいくつモノ節会が行われていました。
そして江戸時代のときに5つが公的な祝日行事として制定されたんだそうです。
その時に食べる料理を節句料理といわれていました。その後節句の中でももっとも重要度の高いお正月に食べるご馳走のことを指すようになったようです。
つまり神様へ供える料理とか家族の安寧を願う縁起物の料理でもあるんだそうですよ。

 

現在はそんな風にしておせち料理を食べたり準備する方はいないと思いますが、こういった日本古来の伝統の意味を知っておくことも良いことだと思います。

 

伝統的なおせち料理には縁起物といわれている食材がふんだんに使われています。
さてその一部を紹介しますね。

 

紅白のかまぼこ
おせち料理に赤と白の彩どりを添えてくれる、見栄えの良い食材です。
実はこれにも意味があって、赤はお目出度いとか慶ぶとかの意味なんだそうですよ。そして白は神聖さの象徴なんです。

 

伊達巻
これも見た目も味も色が違うだけで同じように見えるのですが、
ところでどうして伊達巻と呼ばれているのかご存知でしょうか?
これは江戸時代に長崎から江戸に伝わったカステラ蒲鉾が伊達巻の原点なんです。
ではどうしてカステラ蒲鉾が伊達巻になったのかといいますと、当時はおしゃれをしていた人たちのことを伊達者と呼んでいたそうです。
その伊達者たちが着ていた着物の柄がカステラ蒲鉾と似ていたため、伊達巻と呼ばれるようになったんだそうです。

 

栗きんとん
金色をしているということで、金とか宝の象徴です。縁起物としておせち料理には欠かせない一品です。

 

その他にも黒豆、昆布巻き、数の子、海老、紅白なます、ごぼうなどこれ以外にも多数あります。
やはりめでたいとか喜びとかそんな意味合いを持っておせち料理に取り入られているものです。